患者さんのための院内設計|プライバシーを重視したクリニック

設置と仕組み

作業者

建物の中で火災が発生した時にはスプリンクラーが作動して消火出来るように働きます。スプリンクラーはどこにでも設置されていますが、その場合は手続きが必要になってきます。

Read More..

安全に利用するために

作業者

会社にエレベーターが設置されているというところも多いのではないでしょうか。エレベーターは定期的に点検が必要ですので、保守サービスなどを利用して故障や異常がないかチェックしてもらいましょう。

Read More..

プライバシーを考慮する

治療室

人間が健康に生活をするためには、病院やクリニックといった医療機関の存在が重要です。日本は世界的に見ても医学が進歩している国ですので、病院やクリニックの院内は清潔で明るい環境が望まれています。開業医は院内の雰囲気も重視したサービスの提供が必要です。病院に通院している患者さんは、体が不調なので医師の診察を受けているのです。そのため、これ以上患者さんに負担をかけないような院内設計にすることが大事です。

患者さんが診察をしてもらうための空間を防音設備にしたり、他の人から見えないよう工夫をしたりすることは非常に重要なことです。そのため、最初に診察室の設計を考える必要があります。診察室は患者さんのプライベートを確保できる空間である事が重要です。医師と話している内容が、待合所に筒抜けの診察室はプライバシーが確保できていません。患者さんの名前や年齢、病歴などは大事な個人情報になります。病気の話などは、非常にデリケートな問題ですので、しっかりと配慮した院内設計にすべきでしょう。そのためには、診察室を防音にします。話し声が外に漏れないようにすることで、患者さんは安心して医師と会話することができるでしょう。さらに、診察室や治療室は間仕切りドアにするとよいでしょう。診察室と治療室が間仕切りドアで区切られているレイアウトを良く見かけます。これは患者さんのプライバシーを確保するために設計です。病院やクリニックを建設予定の開業医は、プライバシー考慮した院内の設計をしましょう。

LEDでピカピカ

蛍光灯

蛍光灯や白熱電球に較べてLEDの方がエネルギー効率もよく、光の強さも全く違います。電気代が安いという事は環境にも優しいという事なので、LEDは優れた照明器具であると証明できます。

Read More..